花粉症対策におすすめなマスクについて

花粉症のシーズンになると、鼻水や鼻づまりといった症状が現れ、仕事や生活に支障をきたしてしまうことがあります。
そのため、花粉が鼻や口から入り込む予防対策としてマスクを使用する方も少なくないでしょう。
マスクを付けることで花粉症の症状を和らげることが出来ますし、くしゃみや咳などの飛沫が飛散することを防いでくれます。

しかし、マスクも正しい使い方をしていなければ折角の効果を発揮することが出来ません。
まず購入する際には自分の顔の大きさに合わせてピッタリのサイズのものを選ぶようにしましょう。
マスクを着用する前には、あらかじめしっかりと手洗いをし、手についた汚れや菌を落としておく必要があります。
そうしなければ、マスクに菌や花粉が直接付着してしまいます。

マスクには表と裏、上と下があります。
形状によっては分かりにくいものもありますので、しっかり確認しておきましょう。
プリーツタイプのものは、山が下向きになるように装着するようにしましょう。
鼻にフィットさせるための針金が入っている方が上になります。

片方の耳に紐をかけ、プリーツを完全に伸ばし、鼻から顎まで隙間がないよう覆い被せます。
鼻の形に合わせて針金を調節し、ピッタリとフィットさせるようにしましょう。
それからもう片方の紐も耳にかけ、装着に違和感がないよう整えます。

着用中にも注意が必要です。
フィルター部分を頻繁に手で触ったり、顎にかけたりするのは厳禁です。
隙間から菌や花粉が入り込んでかえって症状を悪化させることもありますので、注意しましょう。
飲食をする際にマスクを外すこともあるでしょう。
一度使用したマスクは破棄し新しいものに付け直すようにしましょう。
交換用のマスクを常に用意しておくのもおすすめです。

マスクを外すときには、フィルター部分に触れないように気をつけながらゆっくりと紐を外して破棄します。
出来ればビニール袋に入れたり、蓋付きのゴミ箱に捨てたりする方が花粉症対策としてより効果的です。

高機能マスクと普通のマスクの違い

少し前までのマスクといえば小さい長方形のガーゼタイプのものが主流でした。
鼻や顎まで覆うことが出来ず、隙間も大きかったので花粉症の症状をしっかりと抑えることが出来ませんでした。
しかし最近は非常に高機能なマスクも増えてきており、あらゆるメーカーから様々なタイプのものが販売されるようなってきました。

花粉症対策としておすすめなのは、プリーツ加工が施されているタイプのものです。
複数の段でカバーしてくれるので花粉や菌をしっかり防御してくれます。
ただし、プリーツの山を逆さにつけてしまうと山の部分に花粉が溜まってしまい症状が悪化してしまうこともありますので使い方には十分注意するようにしましょう。

立体構造の高機能マスクも人気があります。
女性におすすめなのがメイク崩れしにくいタイプのマスクです。
マスクの内側にファンデーションや口紅などが付着しにくくなっていますので、長時間使用しても化粧崩れを気にする必要がありません。

医療用のサージカルマスクは花粉よりも小さな細菌の侵入も防いでくれる優れものです。
密着性が強いので若干息苦しさを感じる方もいらっしゃいますが、その分、安全性や品質も高く、安心して利用することが出来ます。

普段メガネを着用している方の場合、普通のマスクだと呼吸の度にメガネが曇ってしまい不便に感じることも多いのですが、高機能マスクであれば、鼻とメガネの間に曇り防止が施されているので安心して使えます。
ポリウレタン製のものもメガネの曇りを軽減させてくれるのでおすすめです。

他にも長時間使用していても耳が痛くなりにくい幅広タイプのものや、洗って何度でも再利用できる経済的なものもあります。
大容量タイプのものなら、頻繁に取り替える季節でも低コストに抑えることが出来るのでおすすめです。