花粉症が発症するまでの流れ

花粉症とはスギ、ヒノキ、ヨモギなどの植物の花粉が原因でおこるアレルギー性の病気です。
発症すると目が痒くなったり水性の鼻水や鼻詰まりを引き起こします。

花粉症のメカニズムについてですが、目や鼻にアレルゲンである植物の花粉が近付いてきて鼻粘膜や目に付着したとします。
その時に体内にナチュラルキラー細胞であるリンパ球が現れてIgE抗体を作り出します。
IgEとは免疫グロブリンEといいます。

リンパ球は白血球の一種であり体内の炎症に反応する作用があります。
リンパ球には他の白血球の働きを助けるT細胞と抗体を作っていくB細胞があります。
このリンパ球がIgE抗体を作り出して、生体防御反応を起こす肥満細胞とくっ付いていきます。

肥満細胞は免疫反応に大きく関係しています。
そして再び花粉が体内に侵入しようとしてきた時にIgE抗体付きの肥満細胞に花粉が吸着します。

すると化学伝達物質であるヒスタミン受容体などのアレルギー誘発物質が放出され、くしゃみや鼻水が出てきます。
このような流れが花粉症の発症の流れとなります。
体が反応しアレルギー症状が発症して花粉から身を守ろうとするのです。

リンパ球が現れてIgE抗体を作り出す時なのですが、この時にリンパ球がIgE抗体を作り過ぎてしまうのです。
そうするとヘルパーT細胞は、Th1とTh2と呼ばれる2種類が存在していますがその2種類の細胞が増え過ぎてバランスを崩し過剰に反応してしまいます。
その時の反応のことをアレルギー反応といいます。
鼻水やくしゃみは過剰反応なのです。

花粉症のメカニズムの流れは様々で、他にも大気汚染が花粉症を悪化させている場合があります。
アレルギー反応を引き起こす物質の中には花粉以外にも黄砂、PM2.5などがアレルゲンの場合があります。
中国大陸から飛来してくる有毒な化学物質ですが、吸い込むと呼吸器障害を起こします。
この時に咳や鼻づまりなどのアレルギー反応が出ますが、それが余計に花粉症を引き起こすことがあります。

不規則な生活が花粉症の原因になる?

花粉症の発生には不規則な生活も原因の一つと考えられています。
普段ストレスで睡眠不足が続いたり食生活のバランスが崩れてしまうと自律神経の働きが乱れて免疫力も低下していきます。
自律神経は乱れやすく夜に夜更かしをしただけでも朝起きづらくなりそのまま昼夜逆転になって生活バランスを崩しやすくなります。

免疫力が低下するとどうなるのかというと、アレルギー反応を引き起こすT細胞やB細胞がちゃんと機能しなくなります。
免疫力が低下して免疫細胞が働きをサボったり間違った反応を引き起こしていくと花粉に対する抵抗もちゃんと出来なくなります。
そうなると花粉から身を守りきれなくなります。
そうなることで体内に侵入してきたアレルゲンに反応して、アレルギー誘発物質であるヒスタミン受容体が活発に反応しアレルギー反応が引き起こされてしまいます。

日本人に花粉症が急激に増えたのは欧米の食生活を取り入れて食生活に変化が出たからだとも言われています。
実際に発展途上国では、花粉症が少ないと言われています。
スナック菓子や肉中心の生活を控えて野菜や魚、お米などのヘルシーな和食中心の生活を心がけることでアレルギー体質を改善することができます。

また、嗜好品も原因の一つにあります。
タバコも喫煙が原因で花粉症を悪化させやすいです。
花粉症が辛いと感じた場合にはタバコを控えるようにしましょう。
また日中に太陽の光を浴びて外をランニングしたりスポーツをして体力作りをすることで体を鍛えることも免疫力を高めるためには効果的です。

食生活の他にも生活環境が原因で睡眠不足やストレスを溜め込むと体の免疫機能が低下してアレルギー反応を起こしやすくなります。
規則正しい生活を送り自律神経の安定を図り普段から丈夫な体を作っていくことが大切です。