おすすめの花粉症治療薬はどれ?

花粉症は植物の花粉に対してアレルギー反応を起こして、結膜炎、鼻炎などの症状を引き起こす病気です。
春の時期に起こる花粉症が有名ですが、花粉を放出する植物の種類によって梅雨の時期や秋に花粉症を起こすものもあります。

そんな花粉症の治療には主に抗アレルギー剤が用いられることが多いです。
抗アレルギー剤は体内でアレルギーを引き起こす物質の働きを抑制し、アレルギー症状を改善します。
抗アレルギー剤には様々な種類のものがあり、それぞれに特徴があります。

抗アレルギー剤の代表的副作用には傾眠が挙げられますが、抗アレルギー剤を服用して眠気が起こったことがある方にはアレグラがおすすめです。
アレグラの有効成分フェキソフェナジンは脳内へ移行しないように設計されており、抗アレルギー剤の問題点であった傾眠が起こりません。

ただ、アレグラではアレルギー症状を抑えることができないという方もいらっしゃいます。
そういう方にはアレロックがおすすめです。
アレロックは抗アレルギー剤の中では最もアレルギー症状を改善する効果が高いです。
ただ、アレグラと比較して副作用で眠気が起こりやすいことが欠点です。

眠気を起こしたくないし、効果もある程度欲しいという方にはザイザルがおすすめです。
ザイザルはジルテックという抗アレルギー剤をより効果が強く、副作用を出にくく改良した薬です。
アレロックには効果が劣るもののジルテックなど他の抗アレルギー剤よりは効果が強いです。
また、眠気の副作用も比較的軽減されています。
ザイザルは服用方法が1日1回なので長期間続けて飲む場合でもあまりストレスになりません。

また、ジルテックとは効果が強い薬なので、眠気が出にくい方にとってはおすすめの薬です。
また、市販薬として同一有効成分の薬が販売されているため、比較的安全性は高い薬と言えます。
また服用方法が1日1回なので忙しい方に向いています。

このように同じ抗アレルギー剤でもそれぞれに特徴があるため自分にあったものを選択するとより花粉症の時期を快適に過ごすことができます。

花粉症治療薬は通販で買うことが出来ます

これらの花粉症の薬ですが、一部はドラッグストアで販売されています。
アレグラやジルテックと同一有効成分のものはドラッグストアで売られているものの代表例です。
ただ、アレロックやザイザルと同一有効成分のものはドラッグストアでは売られていません。

アレロックは服用中に劇症肝炎を起こして死亡した事例があり、安全性の面で不安があるため市販薬としては販売されていません。
また、ザイザルは日本で発売されてまだ歴史が浅い薬です。
このためまだ特許が残っており、医療用のものだけの販売にとどまっています。

しかし、これらの花粉症治療薬は通販で購入することが可能です。
正式には海外の商品を個人輸入という形で輸入して入手することを手伝ってくれる業者があるのです。
このおかげで花粉症の治療薬を病院やドラッグストアに行くことなく購入することができるのです。

特にアレロックやザイザルといった病院でしか入手できない薬を病院に行かずに入手できることは大きな利点です。
忙しい方が花粉症の時期に混んだ病院で沢山の時間を費やすことは大きなストレスです。
医薬品の個人輸入代行サービスによって通販感覚で薬を手に入れることができるのは非常に利便性が高いです。

また、日本では特許切れ前でジェネリック品が発売されていないものに関しても海外ではジェネリック品が発売されていることが多く、日本の病院で薬を処方してもらうよりも、同一有効成分のものをより安価に入手することが可能となります。
例えばザイザルは日本ではジェネリック品は発売されていませんが、海外にはジェネリック品が多く存在しています。
このように薬の種類によっては経済的なメリットも受けることができるのです。